てくてく歩く

人生100年時代をむかえ、50歳からの後半戦セミリタイア生活をつづるブログ

京都 西京極散歩 懐かしの「焼きそば定食」

最近ではもうほとんど乗ることがないマイカーを、車検にあずけた帰り道。

 

いよいよグッと冷え込むと聞いて、それなりにこころの準備をしていましたが、通りは陽当たりも良く、格好の散歩日和です。

 

一年前までは毎日の通勤で通った道を、今日はのんびり歩きます。

 

本社が大阪に移転する4年ほど前まで、ランチでよく利用していた喫茶店の前で足が止まります。

ちょうど4年前のその頃、マスターが店に出なくなり、しばらくママさんだけで休みがちになりながらも頑張っていた店が、次第にママさんの元気もなくなり、ついに閉まったままになってしまったところで記憶が途切れていました。

 

もう店をたたんでしまったと思っていたところ、A看板にはそれほど古くない手書きのお品書きが貼り出されていました。

 

ハンバーグ定食 

生姜焼き定食

焼きそば定食

カレーライス

オムライス

 

あの頃と同じ品揃えに、再開を確信して無意識に店に入ります。

何組かの先客は長く店に通った常連さん。お茶する間ずっとおしゃべりしつつ、途中で向かいのスーパーへお買い物に出たり、下げものは自発的にセルフサービス。中にはカウンターの中に入って手伝い始めるお客さんも。。。

カウンターの中には決して愛想がいいわけではない、それでも常連さんに忙しく受けごたえするママさんがいました。

 

「何にします〜?」

もちろん「焼きそば定食!」

 

関西へ来て初めて「焼きそば定食」を食べたのがこの喫茶店です。

関東では馴染みのない、焼きそばをおかずに白飯を食べる定食です。

f:id:ita2ita2:20181208173059j:plain

見た目も味も変わらない「焼きそば定食」

特別おいしいというわけでもないけど、来るたびにどうしても注文してしまうのはなぜなのか?

今日もその答えは見つかりそうもありません。

 

帰りしな、もう覚えていないだろうと思いつつ、

「お元気そうで(^_^)」と声をかけると、

「たまにはよってや!」

と、慌ただしくカウンターの中へ。

覚えていてくれたのかな?

 

帰り道。陽は出ていたもの、ぼちぼち風が冷たくなって来ました。

いよいよ冬到来です。