てくてく歩く

人生100年時代をむかえ、50歳からの後半戦セミリタイア生活をつづるブログ

京都 祇園 「くらがりまさ」

リタイア後に連絡を取り続けている、数少ない元お取引先の担当者さん。

彼女はひたむきで、30を回ったばかりにしてはディレクション能力に長け、とても良いおつきあいをさせていただいておりました。

 

今年いっぱいで転職を決めたと知らせがありました。

一年ぶりの再会はお疲れ様と忘年会を兼ねて、ちょっと贅沢に祇園へくりだしました。

「くらがりまさ」さん

海鮮山鮮をうたっているだけあって、肉も魚も大満足でいただきました。

f:id:ita2ita2:20181222191039j:plain

食前酢のあとに前菜は湯葉と生ハム

f:id:ita2ita2:20181222191053j:plain

おすすめのお造りの種類があまりに多いので見繕っていただきました

f:id:ita2ita2:20181222191104j:plain

本日限定入荷のハツ刺し

f:id:ita2ita2:20181222191114j:plain

とってもやわらか鴨ロース

f:id:ita2ita2:20181222191133j:plain

赤身のやわらかいところとお願いして「イチボ」をいただきました

f:id:ita2ita2:20181222191124j:plain

赤身のもっとやわらかいところとお願いして「ヒウチ」をいただきました

色々と話はつきませんが、やはり当時の仕事の話が多くなります。しかし何故か会社員だった頃が随分と前のことのように思えてしまいます。

 

店を出ると、年の暮れの繁華街ではあちらこちらでサラリーマンの集まりが見られます。

向こう側に戻ることがこの先あるのかと、ふと考えます。


彼女は念願の異業種への転身を決め、年明けから新たな道へ踏み出します。

その空が、いつも晴れていますように。。。